ねずみ撃退はお早めに

家に住み着くネズミは大きなドブネズミもいれば、小さなハツカネズミもいます。ドブネズミは気持ち悪いですが、ハツカネズミは可愛いというイメージがあるかもしれません。

しかし、同じねずみであることには違いはなく、人間にとって様々な害をもたらす危険があるので、基本的にはすみやかにねずみ撃退を試みる必要があります。


ねずみによる害で、最も怖いのは感染症などの病気です。

ねずみの体や糞、尿などには様々な種類の病原菌やウィルスがいるので、それによって人間が病気になってしまう可能性があるのです。
14世紀にはヨーロッパの人口の約3分1が死んでしまうという恐ろしいペストが大流行したのも、原因はこのねずみでした。
また、ねずみは病気だけではなく、火災や停電の原因にもなります。


ねずみの歯が伸び続けるので、歯を削るためにいろいろな物を噛む習性があります。


その際に配線ケーブルを噛んでしまい停電を引き起こしたり、むき出しになった電線から出火することがあるのです。



このような被害にあわないためにも、また衛生面においても、ねずみ撃退は大切です。


しかし、こきぶり退治とは違い、ねずみ撃退はどうして良いのかわからないとか、気持ち悪いという方も多いことでしょう。



そのような場合はプロの駆除業者に依頼するのが賢明です。
業者は効果的に罠を仕掛けたり、ねずみの嫌がることをしながら駆除していきます。

朝日新聞デジタルの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

そのまま放置しておくと、どんどん子どもを産んで増えていくので要注意です。