自分でできるねずみ撃退方法

ねずみは、さまざまな感染症の原因となるほか、配線などをかじることで、漏電や火災の危険性もあるため、早急にその対策をとる必要があります。
確実に、より早くねずみ撃退をするには、駆除業者に依頼するのが適切ですから、一度地域の駆除業者に相談し、見積もりを取ってみるとよいでしょう。


一方、自分でねずみ撃退に挑戦してみようと思っている人は、市販の商品を勝つようして、駆除と防止をする必要があります。


すでに家の中に入り込んでいるねずみに対しては、駆除するかねずみを遠ざけて入ってこないようにするといった対策があります。

ロケットニュース24の情報ならこちらを参考にしてください。

忌避は、主に予防のために行う措置ですが、駆除と平行して行うことで、より効果的になります。
家庭でできるねずみ撃退法には、罠、粘着シート、毒餌があります。



罠には、バネ式とカゴ式があり、バネ式は、よくアニメなどにも登場する捕獲法です。

バネで挟み込む圧力によって、ほとんどの場合、捕まってネズミは死んでしまいます。



一方、カゴ式の罠は、ねずみをカゴに閉じこめるタイプのもので、生け捕りにするため、その後の処理が必要になります。粘着シートは、ねずみの通り道に設置して、捕獲する方法です。
これも生け捕りにするため、処理が必要となります。ほかの方法と比べると、もっとも安価ですが、設置場所を選ぶことが重要で、時間が経つと効果が薄れてしまうというデメリットもあります。
毒餌は、古典的なネズミ駆除方法で、手軽に仕掛けることができますが、見えないところでねずみが死んでしまった場合には、死骸を探さなくてはいけないというデメリットがあります。